HOME>トピックス>間取りに合わせて住むのではなく、自分に合わせて間取りを設計するという選択肢

注文住宅の魅力的な基礎知識

マイホームを横浜エリアで探している際、今一ピンとくる建売住宅が見つからなければ、注文住宅を検討するのも豆知識です。建売住宅は基本的に100%満足できる物件は少なく、間取りや外観や立地など、どこかで妥協も必要になります。ですが注文住宅なら間取りや外装は思いのままですから、自分にとってパーフェクトな家に住むこともできる訳です。具体的には、建売住宅だと間取り合わせて暮らさねばなりませんが、注文住宅なら住む人に合わせて間取りを設計するため、この点が建売不動産とは異なります。家族構成や趣味、それにライフスタイルなども考慮して、専門家が設計プランを提案してくれるので、暮らしやすい住まいとなりやすいのです。

土地探しの豆知識

注文住宅にする場合は土地を探す必要もありますが、その際に豆知識として覚えておくと良いのが、古家も視野に入れることです。築年数が著しく多い古家の場合、その古びた印象が購買意欲を削ぎ、売れ残るパターンも少なくありません。なので見た目が悪い古家は、解体して更地にした方が高値になりやすいといった豆知識もあるほどです。つまり、不動産を買う場合はその逆手を取る訳ですが、更地だけより購入対象が広がるため、気に入った土地を見つけやすくなることも利点となります。また、神奈川県における木造家屋の解体費はひと坪あたり概ね3万円台ですから、横浜で古家物件を探す際は、それも含めて検討すると良いでしょう。