HOME>オススメ情報>業者を使う目的や仲介手数料および評判の契約方式

資産の売却から相続に至るまで

男女

住まいの売買をはじめ、収益物件関連から相続まで、名古屋の不動産会社では様々なことを相談できます。不動産を売却する場合も、仲介販売だけでなく、直接買ってくれることも多いので、急いで売りたい時でも頼りになる存在です。また、不動産投資を始める場合でも入居者の募集から家賃の収集、それに物件管理まで、賃貸運営業務の殆どを代行してもらうこともできます。さらに不動産は相続とも深く関わるため、このスペシャリストを用意している不動産会社も少なくありません。意見が食い違った場合、家族だけで遺産協議を終結するのは難しいのですが、専門家の正しい知識や的確なアドバイスによって、納得した条件でまとまりやすくなるのです。

仲介販売で必要な費用

男女

手持ちの不動産を仲介方式で不動産会社に売ってもらう時は、仲介手数料も必要ですが、これは基本的に成功報酬となっています。そのため不動産の売買契約が済むまでは、この費用を求められることは原則としてありません。また、契約が成立した際に一括で支払うのではなく、その時は半分だけ払い、残りは物件を引き渡すタイミングで支払うスタイルも多くなっています。ですから名古屋の不動産会社と仲介契約を結ぶ時も、手数料の納め方を確認しておくと良いでしょう。

契約方式の評判

一軒家

仲介契約にはバリエーションがあり、売却不動産を複数の業者に仲介して欲しい人に評判なのが、一般仲介契約です。ですが、積極的に不動産を売り出して欲しい人に好評なのは専属専任仲介契約であり、これは一般仲介契約と違い、1社としか契約できません。その代わり不動産会社は他社に売買契約を持っていかれる心配がないため、積極的に売り出し活動に力を注いでくれます。さらに売主への経過報告なども手厚くなっており、名古屋エリアでも評価が高い契約方式です。